仮想デスクトップとは

デスクトップ仮想化とは、仮想化技術を用いて、パソコンの利用環境である「デスクトップ OS」をサーバ上に構築し、どの端末からもネットワーク経由で接続して利用できるソリューションです。

imaginarydesktop2

様々なクライアント端末(PC やスマートデバイス等)からネットワークを通じてサーバ上に構築されたデスクトップにアクセスして利用します。業務で利用するアプリケーションやデータはサーバ上にあり、端末にデータは残らないため安全であり、データの一元管理もできます。デスクトップ仮想化は、データのセキュリティを高めるとともに、パソコンの運用管理をシンプルにします。業務に必要なアプリケーションはすべてサーバ上で稼働しているため、クライアント端末の OS やブラウザのバージョンなどに左右されることがありません。クライアント端末へのインストールも不要となるため運用管理コスト削減に大きく貢献します。

仮想デスクトップの特徴

従来の社内で利用しているデスクトップ環境は、利用者のパソコンなどの端末ごとにデスクトップ環境を構築しています。そのため、自身のデスクトップ環境には、その端末からしかアクセスできません。しかし、仮想デスクトップで構築したデスクトップ環境は、サーバー上にアプリケーションやデータを持つため、万が一パソコンなどの端末が故障しても別の端末を準備するだけで対応できます。また、サーバー上で各デスクトップ環境を管理できるため、社内インフラの運用に柔軟に対応できます。

導入のメリット

BCP 対策 ( 業務継続性の向上 )

従来の社内で利用しているデスクトップ環境は、利用者のパソコンなどの端末ごとにデスクトップ環境を構築しています。そのため、自身のデスクトップ環境には、その端末からしかアクセスできません。しかし、仮想デスクトップで構築したデスクトップ環境は、サーバー上にアプリケーションやデータを持つため、万が一パソコンなどの端末が故障しても別の端末を準備するだけで対応できます。また、サーバー上で各デスクトップ環境を管理できるため、社内インフラの運用に柔軟に対応できます。

imaginarydesktop3


 

imaginarydesktop4

TCO 削減

  • OS やアプリケーション、業務データの集中管理により、運用管理が効率化できます。
  • パソコンなど端末の故障時も、面倒なOSやアプリケーションの再導入 ・業務データの復旧が不要です。
  • インフラの運用管理の標準化が促進され、クラウド導入への準備ができます。

クライアント PC の導入時期などで、初期導入されているクライアント OS環境は変化し、そのためにアプリケーションの検証を行ったり、OS を入れ替えたりと多大なコストがかかっています。仮想デスクトップでは、統一化 された環境をサーバー側に構築できるため、大幅に運用コストを削減することができます。また、仮想デスクトップは、消費電力も低くグリーンITに貢献します。


セキュリティの強化

クライアントに一切のデータを保持しないため、あらゆる場 面でのデータ漏洩を防ぐことができます。また、パンデミッ ク対策などでの在宅勤務が必要になってもインターネット越 しにセキュリティに安全な環境を提供することができます。

imaginarydesktop5


imaginarydesktop6

ワークスタイルの変革

フリーアドレスのオフィススタイルなら必要な時だけ空いて る端末でアクセス可能であるため、営業から帰り、社内の空 いてる端末から自分のデスクトップにアクセス出来るように なります。コストもスペースも無駄がありません。


ユーザビリティと生産性の向上

端末や場所を選ばずいつでも自分専用のデスクトップ環境に アクセスすることが可能です。利用者は、固定されたワーク エリアだけではなく、会議室や打ち合わせルーム等柔軟に個 人のデスクトップ環境が提供されます。

imaginarydesktop7

導入事例

 
imaginarydesktop9

mautic is open source marketing automation