ファイル共有システム

ファイルサーバ構築サービス

膨大かつ多様なコンテンツの集中管理が進む中で肥大化の一途を辿るオフィスのファイルサーバ。容量不足に伴うディスク増設費やバックアップ・リストア時間の増大などが大きな負担となる一方で、ファイルサーバ内部にはすでに不要になったファイルや重複するファイルなどが多数放置され、必要な時に必要なファイルがなかなか見つからないといった問題も表面化しています。
日立ソリューションズの「MEANSファイルサーバスリム化・活性化ソリューション」は、ファイルサーバ内に残る不要なファイルを自動判別してユーザー自身による削除を促進。さらに、効率的なファイル検索・抽出環境を提供することで、コンテンツ活用を強力に支援します。


ファイルサーバとは

大量のファイルや機密性のあるファイルを共有する為に、必要不可欠なファイルサーバ、ファイルサーバを構築することにより、ファイルを別の社員に渡したい時に、メールを使用してファイルを添付したり、毎回フロッピーやUSBメモリにコピーしたりして渡すと言う、非常に無駄の多い作業から開放されます。ファイルサーバは、社員のパソコンのデータのバックアップにも最適です。CD等にバックアップを取っている方を多く見受けられますが、ふとした拍子で消えてしまう為、信頼性に欠け、バックアップ方法としては不適切です。社員の大切なデータが消えた後で騒いでも後の祭りで、仮に復旧が出来たとしても、ファイルサーバを構築する以上のコストがかかる事もあります。ファイルサーバを構築する事により、信頼性と安全性に優れたバックアップ環境が構築可能です。

矢印file_2


ファイルサーバのメリット

ファイルサーバを導入することにより、適切なスケジュールバックアップ設定や、RAID構成のハードディスクを実装することにより、より安全にデータを保護することが可能です。
また、サーバ用OSを採用して構築することにより、ネットワーク自体を一元管理する事が出来る為、データ流出に備えた環境設定や、データにアクセスする社員を限定する管理も可能になります。

  • ファイルサーバは長寿命の部品で構成され、データの安全な保護が可能になります。
  • スケジュールバックアップを利用し、自動的にバックアップが可能です。
  • 大容量のハードディスクを実装することにより、大量のデータを安全に格納できます。
  • ホットスワップRAIDを採用すると、動作中にハードディスクを取り外して別置き保管も可能です。

FocusWEBのファイルサーバ構築サービス

ファイルサーバ環境更改事例

【課題】

  • サーバ毎にファイル領域が分散し、効率的なコントロール(有効活用)不可の状況
  • 複数メーカ製のサーバが混在し、異なる接続方式、管理ツールによる管理体制の煩雑化

【解決】

  • DISK容量の効率的なコントロール(有効利用)が可能
  • 機器メーカ統一による管理体制の一本化を実現

ファイルサーバ1


ファイルサーバの導入や移行に関するお問い合わせ

サービスに関して、お気軽にお問い合わせください

TEL:049−293−8013

お問い合わせフォームはこちら

ページ上部へ戻る