サーバ仮想化

SI実績と培った仮想化技術ノウハウをもとにサーバ仮想化ソリューションを提供し、お客様の課題の解決と導入をご支援

「導入により運用管理の負担やコストが肥大化するのは困る」、「サーバ台数の集約がもたらす省電力、省スペースをさらに一歩進めたい」、「日々進化しているサーバ仮想化を安心して導入したい」…など、サーバ仮想化の導入にあたっては、さまざまな課題やご要望があります。サーバ仮想化ソリューションは、このような課題を解決し、ご要望にお応えして、お客様に最適なサーバ仮想化を実現します。

サーバ仮想化1


サーバ仮想化とは

1台のサーバコンピュータを複数台の仮想的なコンピュータに分割し、それぞれに別のOSやアプリケーションソフトを動作させる技術です。プロセッサやメモリ、ディスクをまとめて仮想的に複数の領域に分割し、それぞれがあたかも1台のコンピュータであるかのように振る舞い、異なるOSやアプリケーションを同時に実行できます。物理的に複数のコンピュータを用意する場合に比べ、物理的資源の管理にかかる手間が省け、資源配分を需要に応じて柔軟に配分することができるという利点があります。


サーバ仮想化の特長と導入メリット

  • 設置スペースの削減
  • 消費電力の削減
  • ハードウェア投資コストの削減

サーバ仮想化はさまざまな課題を解決し、多くのメリットをもたらします。アプリケーションごと、部門ごとに導入したサーバのCPU使用率をみると、各サーバとも意外と低く、サーバの性能を十分に発揮できていないことが多くあります。サーバ仮想化を導入して、複数台のサーバを1台に集約することで、サーバリソースを有効に活用できるようになります。

サーバ統合
サーバ仮想化を用いてサーバを統合することにより、物理サーバ台数を削減することができます。物理サーバ台数を削減することによって、設置スペースの削減、消費電力の削減、機器調達コストの削減等の効果が期待できます。

旧OSの延命
ハードウェアサポートが終了したOS・ミドルウェアを使用しているサーバも、サーバ仮想化を用いることで最新ハードウェア上で動作させることができます。本来必要なアプリケーション更改等にかかるコストを削減できます。

高可用化
通常、クラスタリング等を用いるためには、物理サーバ数を増やさなければなりません。しかし、物理サーバ台数が増えることによって、運用管理コストは増加してしまいます。サーバ仮想化を用いることで、物理サーバ台数を削減しつつ、可用性を向上させることがでます。

災害対策
仮想化されたサーバは、OSとアプリが一体となったファイルとして管理されているため、OSが異なるサーバでも、同一の手順で容易に移設でます。これにより、より安価に災害対策を実施できます。

内部統制対策(シンクライアント)
サーバ仮想化を用いて個々のユーザのOS・アプリケーションをサーバ上で実行し、操作画面のみをクライアントマシンに配信することで、今まで管理が困難だったクライアント環境をサーバ側で一元管理することができます。これによって、運用管理コストの削減、情報漏えいの事前予防等の効果を得ることができます。

開発・テスト環境の効率化
サーバ仮想化を基盤として、開発・テスト環境を構築することで、環境構築にかかる時間を短縮することができます。また、開発環境間でハードウェアを共有することで、ハードウェアコストを削減することができます。


FocusWEBのサーバ仮想化構築サービス

Active Direcotryの仮想環境構築事例

【課題】

  • OS/ミドルウェア/アプリケーションのEOSL
  • 拡張性に乏しい運用環境
  • ハードウェアリソースの最適化が不可

【解決】

  • システムの一元管理化
  • 優れた拡張性と高可用性の確保
  • ハードウェアリソースの有効活用

Windows Server 2003 R2からWindows 2008 or 2012 へActive Directoryを移行し、柔軟なドメイン管理と高い管理性を実現

サーバ仮想化2

 

ファイルサーバの仮想環境構築事例

【課題】

  • ファイルサーバが分散し、煩雑な管理状況
  • 可用性が損なわれた環境
  • サーバ個々に利用率が偏るためリソースの無駄が発生

【解決】

  • ファイルサーバ統合による集約の実現
  • フェイルオーバークラスタ設定による高可用性の確保
  • 運用効率の向上、システム維持管理費の節約

複数の仮想化構成に共有ディスクを組み合わせたクラスタ構成を採用。ファイルサーバ仮想化に伴い、高可用性の確保が可能

サーバ仮想化3

 

P2Vによる仮想環境への移行

【課題】

  • 最新OSでは動作しない古いアプリケーション
  • ハードウェアのサポート期限

【解決】

  • 既存アプリケーションをそのまま仮想環境へ移行可能
  • 最新のハードウェア上で継続利用が可能

P2V物理マシン(Physical Machine)で稼働しているシステムを仮想マシン(Virtual Machine)へ移行

サーバ仮想化4


サーバ仮想化に関するお問い合わせ

サービスに関して、お気軽にお問い合わせください

TEL:049−293−8013

お問い合わせフォームはこちら

ページ上部へ戻る