システム環境や運用要件に合わせて最適なバックアップシステムをご提供

多くの企業において、爆発的なデータ量の増加にともない、ストレージ管理の複雑化が課題となっています。
災害や人的ミスによるデータ損出を防ぐためにバックアップシステムは必要不可欠ですが、大量のデータをいかに効率良く取得するか、その設計には専門的なノウハウを要します。特に最近では、システムの不具合発生時には速やかな復旧が求められ、単にデータは保護・保存(バックアップ)するだけではなく、いかに早く復旧(リストア)させるかが重要なポイントとなっております。

機器の障害や運用上の事故だけでなく、万が一の災害や停電などによっても、システムが停止するリスクは常に存在します。今やITシステムの停止は、ビジネス機会の損失につながるばかりか、ビジネスそのものの継続に影響を与える恐れがあります。

そこで重要となるのがBCP(事業継続計画)の策定と、ディザスタリカバリ(災害対策)の実施です。しかし、ディザスタリカバリはメインサイトとは別の地域にサイトを構築するという手法で、日々の運用についても負荷がかかることが課題となっているのが実状です。社内での人員だけではディザスタリカバリの構築は難しいというケースが多く見受けられます。

しかし今日では、データのバックアップから、システムの冗長化、あるいは遠隔地へのディザスタリカバリサイトの構築まで、規模と要件に応じた、お客様に最適なBCP環境の設計を的確に行うことで、コストや日々の運用にかかる負荷を軽減することも可能となっています。

また、ディザスタリカバリ(災害対策)において、特に現在注目を集めているのがストレージシステムの構築です。万一の災害やシステム障害などに備えて、事業継続のために遠隔地に重要なデータを保管するディザスタリカバリは、企業の災害対策への要件により、さまざまな手法が体系化されています。単にデータの遠隔地保管から、遠隔地のデータセンターにメインサイトのデータをミラーリングするクリティカルなディザスタリカバリまで、現状のインフラ環境と災害対策の要件により、効果的な災害対策を実施することができます。

仮想化環境におけるバックアップシステム

また、近年、仮想化によるサーバ統合が進んでいますが、仮想環境上のデータのバックアップに課題を抱える企業が増えつつあります。物理環境と同様なバックアップやデータ保護を実施したい、バックアップが始まるとシステム全体が重くなる、バックアップデータがストレージ容量を圧迫する、不測の事態に速やかにリカバリできるのか不安、などという担当者も少なくありません。しかし、現在ではそうした課題や悩みを解決するテクノロジーやソリューションが多く登場しています。

VMwareやHyper-Vなどの仮想環境とオンプレミスのシステムをシームレスに保護、バックアップを運用できる環境を提供するソリューションを導入すれば、運用や管理のコスト・工数の低減を実現することができます。さらに重複排除(デデュプリケーション)の技術を採用したストレージソリューションを利用すれば、増大するバックアップデータにも効率的に対応できるストレージ活用が可能です。

データを保護した上で、万一の際にそれらのデータは速やかにリカバリされることが必要です。企業の要件に合った事業継続に必要となるバックアップ&リカバリ環境を選ぶことが重要です。

バックアップシステム構築サービス詳細

下記ディザスタリカバリ環境構築サービス、クラスタ環境構築サービスを提供しています。

※Microsoft, Encarta, MSN, および Windows は、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
mautic is open source marketing automation