技術力と豊富な実績で仮想化のメリットを最大限に活かす
FocusWEBの「仮想デスクトップサービス」

仮想デスクトップ導入でスマートデバイス活用とワークスタイル変革を実現

仮想デスクトップは、各個人のデスクトップ環境をサーバ上に構築し、端末からネットワークを通じて画面データだけを呼び出して操作出来るシステムです。。利用する端末を選ばず、外出先でも自宅でも同じデスクトップ環境で業務を進められるため、さまざまなメリットを提供します。タブレット端末やスマートフォンなどスマートデバイスにも対応しているため、業務利用や在宅勤務に代表されるワークスタイルの改革に有効な手段として多くの企業が注目しています。しかし、メリットが多い一方で、従来のPC環境を大きく変えることが必要であることから、仮想デスクトップへの移行に障壁があることも現実です。FocusWEBでは、仮想デスクトップ導入を成功へ導くために、技術力とノウハウで様々なサポートを提供しています。デスクトップ仮想化_sv


ポイント1 多数の導入実績と技術力で仮想デスクトップ導入を成功にデスクトップ仮想化1

仮想デスクトップの導入を成功に導くためには、導入段階での入念な調査と検証が必要不可欠です。FocusWEBは、多数の仮想デスクトップの導入実績をもち、そこで得た経験とノウハウを基に提案から導入、保守運用までワンストップでサポートを実施しています。まずは、仮想デスクトップ導入に際し、現状の調査・分析から環境検証を実施することで、お客様にとって最も効果を得られる仮想デスクトップ環境の実現を提案します。

 


ポイント2 企業の要望に合わせた的確な適材適所の仮想デスクトップ環境を提供vdi200

仮想デスクトップには、ユーザが利用するにあたり、環境が異なる複数の配信方法があります。FocusWEBでは、数種類の仮想デスクトップ方式をラインナップしており、企業のニーズに合った適材適所の提案を提供しています。一元管理が容易で管理性の高い標準化した仮想デスクトップ環境や、OSやアプリケーションに関する個別の要望に応えられる仮想デスクトップ、リッチクライアント用との仮想デスクトップなど、お客様の要望に応じた環境を構築します。複数の配信方式を組み合わせたハイブリッド型の提供も可能です。

 


ポイント3 運用負担の軽減や情報漏洩リスクの低減を実現VDISEC

仮想デスクトップ環境は、様々なデバイス対応し、利用時はネットワーク経由で操作ができます。あらゆる場所・様々なデバイスからオフィスと同じ業務を実現し、自宅や外出先でも業務が行えます。OSやアプリケーション、データはクライアント端末で保持しないため、端末紛失・盗難時の情報漏洩も防ぐことができ、セキュリティリスクを軽減します。またウイルス対策、アプリケーションのバージョンアップなどを一元化することで、セキュリティリスクの回避だけでなく、PC管理の運用工数の削減にも貢献します。

 

 

<詳しくはこちらをクリック>

ページ上部へ戻る